プレスキット

Press Kit (ver1.2 / update Aug.3.2021)

ダウンロード

企画・制作・シナリオ

 Kazuhide Oka

キャラクターデザイン

 Chiji

オリジナルサウンドトラック

 ruichiro

タイトル

 ナツノカナタ

ジャンル

 テキストアドベンチャーゲーム

プラットフォーム

 Steam (Windows/macOS)

配信ページ

 https://store.steampowered.com/app/1684660/_/

価格

 無料

リリース日

 2021年 8月 5日 早期アクセス開始

Webサイト

 https://natsuno-kanata.online/

Youtube

https://www.youtube.com/channel/UCyzYFuL0L-91oiSE6eHaKFw

Twitter

 https://twitter.com/natsu_no_kanata

お問い合わせ先

 info@natsuno-kanata.online


イントロダクション

──終わってしまった世界の夏、少女はあてのない旅をする。

「ナツノカナタ」は
終末を迎えた世界を旅する少女たちを描いた、テキストアドベンチャーゲームです。

あなたは、偶然見つけた古いコンピュータに導かれて、出会ったことのない少女と通話をします。
彼女はナツノ。パンデミックによって崩壊した世界で、一人、行くあてのない旅をしているといいます。
けれどもあなたの知る世界では、パンデミックも社会の崩壊も起こっていない。
彼女のいる世界はどこなのか、どうして通話が繋がるのか──
ナツノの話し相手になって旅を見守るうちに、あなたは終末を迎えた世界の謎に迫っていきます。

ストーリー

故郷の東京を離れ、北を目指して一人旅を続ける少女、ナツノ。
高校の同級生とは、東京を出るときに離れ離れになった。
両親とはどこかの駅ではぐれた。
電車が動かなくなってからは、一人で歩いて旅を続けた。
旅に行くあてはなく、帰るところはどこにもなかった。

世界は、半年に終わりを迎えていた。
未曾有のパンデミックは、ほんのわずかな時間で、社会を崩壊させた。
感染すると、人は理性を失い、物言わぬ怪物となって人を襲う。
原因となるウイルスも細菌も、ついに明らかにならなかった。
わかっていることは何もない。
それでも目の前にあるものはただただ現実で、
町を歩いても誰にも出会わず、たった一人、旅を続けるしかない。

あなたが偶然話をしたのは、そんな世界を旅する少女だった。
亡くなった祖母の遺品整理で古いコンピュータを見つけたのが、すべてのはじまり。
祖母との思い出を探して、あなたはコンピュータのデータを開いた。
けれどコンピュータから聞こえたのは、知らない少女の声──
ナツノと名乗る少女と、どういうわけか通話が繋がっていた。

もちろん、あなたの住む世界ではパンデミックなんて起きていない。
高校生は誰もいない町なんかを放浪したりせず、夏休みを満喫している。
それでも確かに、ナツノと通話は繋がっていて。
彼女はいったいどこにいるのか。
どうして通話が繋がるのか。
わからないことだらけだったけれど、
彼女はただ「話し相手になってよ」と、そう言った。

終わってしまった世界を生きる、別の少女たちとの出会いを重ねながら、
あなたは少しずつ、真実に迫っていく──

キャラクター

ナツノ
「ね。あなたも、一緒に来てくれるでしょ?」
高校二年生の少女。
故郷の東京を離れ、一人で旅をしている。
たった一人で生き延びるたくましさをもっているけれど、
どんなことにも慣れてしまう自分のことがあまり好きではない。

アカネ
「もー。そんな泣かないでよ、ナツノちゃん」
マイペースでつかみどころのない女性。
世界の崩壊前にある理由で集められた人々とともに暮らしている。
この世界を崩壊させたパンデミックについて、
何か思うところがあるようだけれど…

キコ
「わ! ごめんなさい! 違いますっ!」
はぐれてしまった飼い犬を探して、一人旅をする優しい少女。
臆病で引っ込み思案だけれど、
飼い犬のために一人で旅を続ける意志の強さをもっている。

シノ
「こんな状況でもないと、一人旅なんてなかなかできないじゃん?」
偶然見つけた写真の場所を探して旅をする少女。
誰が撮ったのかさえわからない写真に写っている場所を、遊び半分で探している。
明るい笑顔が印象的だけれど、その奥に秘めた思いがあるようで──

スクリーンショット

その他の画像

すべての画像をダウンロード

タイトルとURLをコピーしました